普天間移設は「沖縄中心」=鳩山首相、政府案を民主に説明(時事通信)

 鳩山由紀夫首相は12日夕、首相官邸で開いた政府・民主党首脳会議で、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題について「沖縄を中心に周辺地域への移転を進めている」と、政府案の概要を党側に初めて説明した。党側からは特に意見は出ず、首相を支えていくことを確認した。
 首相は「5月末までに決着を付けるため最善を尽くしている」と強調。ワシントンでの日米実務者協議に触れ「日米関係は非常に重要だ。米国とよく話し合って、いい結論が得られるよう努力していく」と述べ、米側との合意に全力を挙げる考えを示した。4日の沖縄訪問については「いろいろ批判もあって大変だったが、現地に行って良かった」と語った。 

【関連ニュース】
【特集】世界の航空母艦〜米ニミッツ級から中国の空母建造計画まで〜
【特集】沖縄と米国海兵隊〜ペリーと黒船でやって来た海兵隊〜
【特集】迷走!普天間移設〜政府、5月決着を断念〜
【特集】米国海兵隊兵器総覧〜沖縄に配備されているのは?〜
増税なしでデフレ脱却、財政再建は可能〜みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー〜

小学館文庫小説賞に永井さん(産経新聞)
<トカゲ類>気温上昇続けば2割が絶滅 生態系に深刻な影響(毎日新聞)
広島少年院控訴審判決 元教官に猶予判決(産経新聞)
?…山岡議員、新潮記事名誉棄損の賠償請求放棄(読売新聞)
ダイエット効果うたい健康食品販売、利益10億(読売新聞)
[PR]
by zjph1z8qb6 | 2010-05-19 11:28


<< 普天間対応、連立の是非協議=社... ニセの障害者手帳で高速料金を不... >>