明石歩道橋事故 聴取3時間、元副署長が拒否し録音・録画できず(産経新聞)

 平成13年に11人が死亡したとして兵庫県明石市の歩道橋事故で、神戸第2検察審査会から業務上過失致死傷罪で起訴議決された榊和晄(かずあき)元明石署副署長(63)の事情聴取について、検察官役を務める指定弁護士は15日深夜、約3時間にわたって聴取を行ったことを明らかにした。取り調べの録音・録画については、榊元副署長が拒否したため、「全面可視化」は実現しなかったという。

 指定弁護士によると、聴取は同日午後1時から午後4時ごろまで、榊元副署長側の弁護士1人が立ち会う形で行われ、証拠関係についての質問をした。指定弁護士は被疑者が「供述」する通常の様式とは異なり、一問一答形式で調書を作成。午後11時半ごろ榊元副署長が調書に署名した。

 指定弁護士は「事情聴取はすべて終了した」としたが、強制起訴の時期については明言を避けた。

【関連記事】
明石歩道橋事故で元副署長から聴取を開始 検察官役の弁護士
明石歩道橋事故 検察官役の指定弁護士が遺族と面会
明石歩道橋事故 検察審査会初の判断、検察起訴に大きな一石
明石歩道橋事故 指定弁護士が検察官役、難しい公判か
「なぜこれだけ時間かかったのか」明石歩道橋事故の遺族
外国人地方参政権問題に一石

3月の自殺者2898人=前年同月比7カ月連続減−警察(時事通信)
<自民>小池参院議員が離党…野党転落後、国会議員11人目(毎日新聞)
ベテランバス運転手も間違う「要注意交差点」(読売新聞)
村本さん死亡 無言の帰国…「悲しみはあまりにも大きく」(毎日新聞)
バンダイナムコ、“コリラックマ”デザインのミニノートPCを発売
[PR]
by zjph1z8qb6 | 2010-04-20 02:03


<< 毒ぶどう酒差し戻し審開始、5月... 人工歯根再使用疑惑の医院、感染... >>