小沢幹事長の辞任要求=複数擁立に反発−連合静岡会長(時事通信)

 連合静岡の吉岡秀規会長は31日午後、静岡市で記者会見し、小沢一郎民主党幹事長が参院選の静岡選挙区で2人目の公認候補を擁立したことについて「民主党の支持率を踏まえ、2人の擁立は絶対すべきではない」と反発した。その上で「小沢氏が辞職願を出せば、真剣に検討する」と述べ、小沢氏の辞任を求めた。
 参院選対応をめぐり、同党支持団体の連合幹部が同氏辞任を要求したのは初めて。 

【関連ニュース】
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
なれ合い政治から脱却を〜自民党・園田幹事長代理インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜
鳩山政権「奇妙な安定」が「社民」「自民」を揺さぶる
民主党が担う「産業構造転換」の時代錯誤

<わいせつ行為>国交省係長を逮捕 兵庫県警(毎日新聞)
京都大 卒業式、今年も仮装登場…でも少なめ(毎日新聞)
トラブル後も速度20キロ超過 大阪市営地下鉄ずさん運行(産経新聞)
国会参観者に飛び入り=鳩山首相(時事通信)
同乗者3人、危険運転は不起訴=名古屋ひき逃げ死亡事故−地検(時事通信)
[PR]
by zjph1z8qb6 | 2010-04-03 03:16


<< マグロ競り見学、8日から中止=... 秘書仲間から疑問も 勝場被告、... >>